ライブコマースで買い物をするメリット・デメリットとは?知ってぜひ利用してみよう

ライブコマースで買い物をしたことはありますか?「ライブコマース自体は知っているけど、買い物するのは不安…」と思っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、ライブコマースで買い物をすることのメリットとデメリットを紹介します。この内容を踏まえ利用すれば、きっとライブコマースで満足できる買い物ができるはずです。

ライブコマースへのイメージ

ライブコマースにどんなイメージを持っているでしょうか。「面白そう」「使ってみたい」というイメージを持つ人もいれば「若い人が使うもの」「不安」など後ろ向きに感じている人もいるかもしれません。

確かに、利用者にはインターネットやモバイル端末などに詳しい若い人が多くいます。しかしインターネットさえ使えれば、特別な知識はほとんど必要ありません。支払いに関する情報の入力に抵抗がある場合は、ライブコマースアプリやライバーの情報を調べ、「信頼できる」と判断したうえで買い物をすることがおすすめです。視聴は無料でできることが多いため、買うかどうかは別にして、まずは視聴してみましょう。

メリット

まずはライブコマースで買い物をするメリットから紹介します。

商品についてよくわかる

ライブコマースは商品が映像で紹介されるため、写真や文章よりも多くの情報を得られます。衣料品であればサイズ感や素材感、家電などであれば音や機能など、実際に使われているところを見られれば、購入後のイメージが湧きやすいでしょう。

リスナーはライバーに質問したり、見たい場所を伝えたりすることができます。疑問があれば積極的に聞いてみましょう。すると商品についてさらに理解することができます。また、ほかのリスナーからの質問やコメントも見られることは、ほかの販売方法にはない点でしょう。購入の判断材料を多く得られるのが、ライブコマースのメリットの一つです。

楽しめる

自宅にいながらも売り手であるライバーとのコミュニケーションができるため、お店で接客を受けているような感覚が得られます。買い物をしているという臨場感を自宅で味わえることは、買い物好きな人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

ライブコマースは多くの場合、販売手段であるだけではなく、コンテンツとして楽しめるようにも作られています。商品の紹介だけでなく、商品ができるまでの解説や製造・収穫などの風景など、楽しめるコーナーが盛り込まれているライブコマースも多くあります。買うつもりでなくても、気になるライブコマースがあれば一度視聴してみましょう。

自宅でスムーズに買い物できる

家にいながら買い物を楽しめることもメリットの一つです。実際、ライブコマースの広がりは、新型コロナウイルスの流行をきっかけとする部分もあります。悪天候の日や店舗が遠い場合、体調がすぐれない場合や外に出るのが億劫な場合などでも、外出せずに買い物ができます。

配信画面から購入画面までの動線も考慮されているため、配信の最中でも視聴を中断せずにスムーズに購入できることもメリットです。商品の数量が限定されている場合もあり、多くのライブコマースでは素早く購入できる仕組みが整っています。

デメリット

ライブコマースには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。理解した上でライブコマースを利用してみましょう。

配信の情報を知らなければ見られない

ライブコマースは配信日時が決まっており、いつどこで配信するかを知らなければ見ることができません。ライバー側はSNSやメールマガジンなどを利用して告知を行います。情報を逃さないよう、気になるライバーや企業・ブランドと何らかの繋がりを持っておくことが大切です。配信自体はアーカイブで後日見られることもありますが、商品が売り切れている場合もあるため注意しましょう。

また、アプリのダウンロードが必要な場合もあります。「開催日時は知っていてもアプリがないから見られない!」ということのないように、配信方法についてもよく確認しておきましょう。

商品を直接確認できない

ライブコマースの最大の弱点は、商品を直接見たり触ったりできないことです。しかし、ライバー側はそれをカバーするために、リスナーに情報を伝えるためのあらゆる工夫をしています。リスナー側からも、知りたいことや要望があればどんどん聞いてみましょう。リスナーからの声が今後の配信に生かされ、より分かりやすく楽しめる配信となるかもしれません。

まとめ

自宅にいながら買い物を楽しめるライブコマースですが、メリットもあればデメリットもあります。しかし、ライブコマースの視聴自体は無料の場合が多いため、まずはどのようなものか一度視聴してみましょう。ライブコマースで商品を買うことに抵抗がある人でも、TV番組のようにコンテンツとして楽しむという方法もあります。メリットとデメリットを踏まえ、ライブコマースの自分なりの楽しみ方を見つけてください。

SNSでフォローする