ライブコマースするなら計画と準備を!万全にして本番に集中しよう

ライブ配信アプリにはライブコマース機能のあるものも登場し、商品があれば個人でもライブコマースを始めやすくなりました。そうはいっても、ライブコマースを行き当たりばったりで始めることはおすすめできません。大まかでも計画を立て、準備しておくことが大切です。

この記事では、ライブコマースをする前にしておきたい準備や、計画の立て方について解説します。ライブコマース本番で慌てることのないよう、事前にできることはしておきましょう。

なぜ計画や準備が重要なのか?

ライブコマースは動画配信と違って編集できないため、配信中に何が起こってもその場で臨機応変に対応する必要があります。したがって、事前にできることはしておき、万全の状態でライブコマース本番に臨むことが大切です。

例えば、流れを計画せずに配信をすると、内容がまとまらずリスナーに伝わらないことがあります。また、ダラダラとした配信に飽きたリスナーは視聴をやめてしまうかもしれません。このような事態を避けるために、流れを作ってメリハリをつけ、リスナーに飽きさせず楽しませる内容を考えておきましょう。

また、ライブコマースではリスナーからのコメントや質問への対応が必要です。リアルタイムで届くため、テンポよく答えていかなければなりません。その場で流れや質問の答えを考えながらリスナーに対応することは難しく、焦って対応を誤ってしまう可能性もあります。しかし事前に準備をしておけば、ライブコマース本番ではリスナーへの対応に集中できます。

このように、本番を滞りなく進め、配信に集中できるようにするためにも、準備や計画は必要不可欠と言えます。

計画・準備

では、具体的にどのような準備や計画をすればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

配信内容の計画

まずは、配信で何を伝えたいのかをはっきりとさせておきましょう。商品の特徴やおすすめ

したいポイント、注意点などを箇条書きにしておくと要点を整理でき、本番でもメモとして使えます。

リスナーに楽しんでもらうための工夫も必要です。ただ商品を紹介するだけではなく、商品にまつわる裏話やクイズをしたり、ライバー自身の話や特技を絡めたりしてもいいでしょう。リスナーからのコメント紹介をひとつのコーナーとしてまとめて行うことも一案です。

配信内容が決まったら、その順番と大まかな時間配分を考えておきましょう。

リスナーのコメントや質問の想定

商品のことはよく知っていても、いざ質問されるとうまく答えられない、という方もいるでしょう。テンポよくリスナーの声に応えていくために、想定される質問とその答えを考えておくことも大切です。

また、悪意のあるコメントなどに瞬時に適切に対応するのは難しいことです。対応の方法を考えたり調べたりしておけば、対策しないよりはいくらか安心して配信に臨むことができます。

NGな表現や話題の把握

ライブ配信は編集ができず、とっさに不適切な発言などがあっても取り消すことはできません。そのため、どのような表現や話題がNGであるか、事前に把握しておく必要があります。情報はSNSなどですぐに広まってしまうため、楽しみながらも言葉選びは慎重にしたいものです。また、言葉や話題に対する日頃からの心がけによって、「つい言ってしまった」という事態を防ぐことができるでしょう。

準備物

ライブコマースは、最低限スマホが1台あれば行えます。しかし、それだけでは不便なこともあるでしょう。

  • スマホスタンド
  • 実際の配信を確認するための端末
  • イメージや世界観を表現するセットや背景

以上のような、配信を技術的に便利にするものや、配信の見せ方を左右するものなどを、必要に応じて準備しましょう。ライブコマースを継続して行う場合は、一度揃えておくと後々使えて便利です。

事前の告知

ライブコマースの計画や準備を抜かりなく行っても、視聴してもらえなければ意味がありません。ライブコマース当日にリスナーを集めるために、事前の告知はとても大切です。友人や知人に話してみたり、SNSを使ったりして告知を行いましょう。ライブ配信アプリでライブコマースではない配信を行い、アプリでのフォロワーを作っておくこともひとつの方法です。計画や準備にかけた頑張りが報われるよう、多くの人に視聴してもらえるように告知にも力を入れましょう。

まとめ

何事においても準備は大切ですが、ライブコマースにおいても同様です。しっかりと計画や準備をしておけば、本番はリスナーとのコミュニケーションに集中できます。また、何かトラブルがあったときも臨機応変な対応ができるでしょう。配信後に振り返って改善点を見つけることにも役立ちます。ぜひ計画と準備を万全にして、本番に臨みましょう。

SNSでフォローする