ライブコマースの告知は必ず行いましょう!集客が成功の一つのカギ

「ライブコマースのリスナーが少ない…」というお悩みはありませんか?ライブコマースの準備をしっかりと行っても、リスナーが少なければ寂しいものです。また、多くの売上を立てるには、いかに多くのリスナーを集められるかが重要です。

この記事では、リスナーを集めるために必要な「告知」について解説します。ライブコマースを成功させるために、告知による集客方法を知っておきましょう。

告知はなぜ必要?

ライブコマースを視聴する人の中には、ウィンドウショッピング感覚の人や、配信自体を楽しみたいという人もいます。つまり、ライブコマースを視聴する人全員が買ってくれるとは限りません。そのため、まずはリスナーの数を多く確保することが大切です。

ライブコマースの開催を知っている人が少なければ、当然リスナーも少なくなります。そこで事前の告知を行って、ライブコマースの開催を広く知ってもらいましょう。知っていても見ない人もいるため、できる限り多くの人に届くように告知を行う必要があります。

告知の方法

告知の具体的な方法について見ていきましょう。なお、直前に告知を行うと、都合が付かず見てもらえない可能性があります。かといって、あまりにも前に告知を行っても忘れられてしまいます。目安としては、1週間から数日前までに告知を行うといいでしょう。

友人・知人

最も簡単な方法は、友人や知人など身近な人に告知することです。一度に広く告知することは難しいですが、友人の友人など、興味のありそうな人に伝えてもらうこともできるでしょう。普段から親しい人なら、配信後に感想や意見を聞きやすいという面もあります。

SNS

拡散力が高い方法が、SNSを使った告知です。特にフォロワーや繋がりの多い人は、広く多くの人に告知ができます。商品が普段の投稿に関連するものである場合は、さらにフォロワーの興味を集められるでしょう。フォロワー以外に告知するために、より拡散力の高い動画機能などを利用すると効果的です。

ホームページ・広告

自分や自社のホームページを持っている場合は、そこで告知をしてみましょう。わざわざホームページに来ているということは、興味関心が高いということであるため、商品を買ってくれる可能性も大いにあります。また、そこからライブコマースをする場所へ簡単にアクセスできるようにしておくことも大切です。

広告を使った拡散も一つの手です。企業の商品や、定期開催されるイベント等に使えば、知名度やイメージの向上に繋がるでしょう。費用は掛かりますが、より多くの人が目にするため、大きな効果が期待できます。

配信日程・時間にも気を配る

例えば、「9月18日の午後8時から」だと、見逃してしまえばそれまでです。しかし「毎週土曜日の午後8時から」と決めて配信を行うとリスナーは覚えやすく、視聴してもらえる可能性は高まります。

また、ライブコマースの視聴が定期的な習慣となれば、買ってくれる可能性も高くなるでしょう。毎回視聴しているということは楽しさを感じているということでもあり、「ファンになってくれている」と言っても過言ではありません。このようなリスナーを増やすことで、購入者の分母を増やすことに繋がります。

まとめ

どんなに商品や内容に自信があっても、ライブコマースを見てもらわないことには始まりません。告知による集客は、見落としがちですが重要な要素の一つです。せっかくライブコマースをするなら、多くの人に見てもらえるように、忘れずにしっかりと告知を行いましょう。

SNSでフォローする