ライブコマースは顔出しなしでもできる!工夫して魅力的な配信を

ライバーといえば、顔やビジュアルも大切だと思っていませんか?間違いではありませんが、必ずしも顔を出さなくてはならないとは限りません。特にライブコマースは、顔出しをしたくない人にはおすすめです。

この記事では、ライブコマースで顔出しをしなくていい理由を解説します。さらに、ライブコマースをするための工夫やポイントについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

顔出しが不要な理由は?

ライブコマースの目的は、商品を販売して売り上げを立てることです。そのため、ライバーが顔を出す必要はありません。大切なことは、商品をいかに魅力的に伝えるかです。

顔を出すか出さないかは、本人の意志によります。容姿に自信のある人や、表情の豊かさで商品の良さが見ている人に伝わりやすいような場合は、顔出しをするといいでしょう。しかし、顔バレしたくない人や、容姿に自信のない人、配信のための身支度に手間をかけたくないという人は、無理に顔を出す必要はありません。

では、ライブコマースで何を映せばいいのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

商品を見せる

当たり前のことですが、まずは販売する商品を見せましょう。ライブコマースなら、いろいろな角度から商品を見せることが大切です。さらに、リスナーからの希望に添って、特定のパーツを至近距離で映したり、衣類なら実際に身に着けてみることもできます。

商品の持つ魅力を最大限に伝えられるように、どんなふうに見せればいいか試行錯誤してみましょう。

商品にまつわることを見せる

商品そのものだけでなく、商品に関することを見てもらうことで、興味を引き出せたり、商品をより知ることができたりします。

たとえば、自家製の野菜を販売するなら、畑での実際の収穫を見せると面白いでしょう。その野菜がどんな環境で育ったのか、リアルな光景を見ることができます。

ハンドメイド作品なら、制作風景を見てもらうことも、商品にまつわるストーリーを連想させて興味を引くことができます。作品をずらっと並べて、リスナーに見たいものを選んでもらい、それを近くで見せるのも、実際のお店のようで面白そうですよね。

仕入れたものを販売するなら、工場などの制作現場を見てもらうことで、単に商品の販売促進だけでなく、コンテンツとしての面白さも生まれます。

このように、ライブコマースはアイディア次第でいろいろな見せ方ができます。自分の販売したい商品はどんな見せ方ができるか、考えてみましょう。

こんな工夫をして商品を紹介しよう

魅力を伝えるための工夫は、商品を見せる以外にも必要です。

まずは、何を話すか、どんなふうに商品を紹介するかが重要です。必ず伝えたいことは、箇条書きにして整理しておくと、緊張してしまう人でも安心です。一度練習をして、大体の流れを決めておけば、伝えたいことが漏れる心配も軽減されます。

ライブコマースは、ライバーから一方的に伝えるのではなく、リスナーからの声を反映して配信していくことも大切です。リスナーの声に積極的に応えていくことで、リスナーは満足した買い物ができるでしょう。

また、ライバー側から伝えたいことと、リスナー側の知りたいことが違う場合もあるかもしれません。その場合も、リスナーとのコミュニケーションを大切にすることで、食い違いを解消することができます。

顔出しをしない場合、ライバーの情報は声のみになるため、話し方や話す速さ、雰囲気、声のトーンなども特に重要となってきます。怖そうな印象や冷たそうな印象だと、ライバーに親しみを持てませんよね。「この人から買いたいな」「この人から買ってもいいな」と思ってもらえるよう、印象をよくする工夫も必要です。

まとめ

顔出しなしでもできるライブコマースは、幅広い人におすすめできます。顔出しをしないぶん、工夫も必要になりますが、リスナーのことを考えながらコミュニケーションする点では同じとも言えます。リスナー目線で面白く、親しみやすい配信を目指しましょう。

SNSでフォローする