ライブコマースの月収は?副業で始める前に収入の目安とポイントを押さえよう

副業でライブコマースを始める前に、どれくらいの月収を得られるのか、気になりますよね。漠然と考えても、よくわからないものです。

一口にライブコマースといっても、どれくらい稼げるかは様々です。この記事では、ライブコマースで得られる月収を具体的に見積もる目安と、稼ぐためのポイントを解説します。ライブコマースで稼ぐことが、リアルに感じられるようになりますよ。

商品を決めよう

まずは商品を何にするかを考えます。商品の価格により、月収は大きく変わるからです。高額の商品を販売できれば、もちろん大きな売り上げが期待できます。しかし商品を仕入れる場合は、仕入にかかる金額も高額になるので、初心者にはリスクがあります。

始めやすいのは、不要になった服や靴など、すでに手元に持っているものです。メルカリなどのフリマアプリで販売するものを、ライブコマースを使って販売する感覚です。服や靴は、リスナーの見たい角度から見せたり、色や素材感を説明できたりと、ライブ配信と相性が良いため、初心者でも販売しやすいといえます。

仕入の経験がある人は、どんな商品が、どんなポイントで売れるのかがわかると思います。経験を生かして、ライブコマースでうまく魅力を伝えることで、大きく稼ぐことができる可能性もあります。

また、自家製の野菜やハンドメイド作品を販売するのも一つのアイデアです。熱量や愛を込めて作ったものは、魅力を伝えやすいですよね。リスナーにとっても、作った本人から話が聞けるということは面白いものです。

価格設定をするときは、相場や発送費も考慮して、適切な価格を決めましょう。それがいくら売れるか考えれば、大体の収入が計算できます。

配信に盛り込む魅力を考えよう

商品を決めたら、売るためにはどんな配信にすればいいか考えます。必ず伝えたいポイントは箇条書きにするなどして、整理しておきましょう。

リスナーからのコメントや質問にうまく答えることも必要です。商品の魅力を伝えたいがために、リスナーとのコミュニケーションが少なくなってしまっては本末転倒です。ライブコマースをするなかで、リスナーに面白いと思ってもらったうえで商品を購入してもらうのが理想的です。あらかじめ質問を想定しておき、答えを考えておくとスムーズになります。不安な人は、何度か練習してみましょう。

ただ商品を紹介するだけでなく、ライバー自身の魅力を生かした配信ができれば、リスナーもライバーも楽しめます。たとえば、絵や字を書くことが得意なら、フリップを使ってみるのも面白いでしょう。単純に話が面白いことも魅力の一つです。商品と自分の得意なことを絡めて、唯一無二のライバーになることができれば、自分自身のファンになってもらえるかもしれません。

配信してみよう

副業でライブコマースをするなら、配信のための時間を取らなければなりません。本業の合間に時間をうまく使って配信する必要があります。また、リピーターのリスナーがついてくれる可能性が高まるので、毎週の決まった曜日や時間など、定期的に配信を行うことがおすすめです。

また、ライブ配信のため、想定外のアクシデントが起こったり、マイナスなコメントが入ることも考えられます。落ち着いた臨機応変な対応が必要ですが、起こりうる事態をできる限り想定しておき、配信中に焦らないようにすることが大切です。

まとめ

ライブコマースでどれくらい月収を得られそうか、見積もることができたでしょうか。商品とその価格が決まれば、あとは販売に結び付けるだけですが、初心者だとそれがなかなか難しいかもしれません。はじめから大きく稼ごうとすると、リスクを伴うことも事実です。

まずは売りやすいものから始めてみるのがおすすめです。そしてライブコマースの経験を積みながら、単価の高い商品に挑戦していけば、着実に収入は上がっていくでしょう。リスナーとのコミュニケーションを楽しめるほどになれば、自分自身のファンもついてくるはずです。焦らず着実に積み上げて、堅実な収入を目指しましょう。

SNSでフォローする