ライバーと配信者の違いは?覚えておきたいポイントを解説します

最近よく聞く「ライバー」。ライブ配信アプリの普及に伴って、よく耳にするようになった言葉ですよね。なんとなく、配信をする人なんだなというイメージを持つ人が多いかもしれません。でも「配信者」という言葉もありますよね。同じものなの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

ライバーはライブコマースを始めるときにも、重要なポイントの一つです。ライバーの意味から、配信者との違い、ライバーとして配信する際のポイントまで、詳しく解説します。ぜひ最後まで読んでみてください。

配信者とは?

まずは「配信」の意味を調べてみましょう。

「配信」は、インターネットを利用して、企業や個人が動画や音楽、情報などを送信すること。

(引用:weblio辞典

幅広いものに当てはまります。具体的には、Youtubeなどの動画共有サービス、Netflixなどの動画配信サービス、Spotifyなどの音楽配信サービス、メールの配信などもあてはまります。ライブコマースにおける動画の配信もその一つですね。

このことから考えると、「配信者」とは、これらの動画や音楽、情報などを提供する人や企業といえます。つまり、かなり幅広い意味を持ちます。

ライバーとは?

それでは「ライバー」とは何でしょうか。ライバーは、インターネット上でライブ配信をする人のことです。つまり、「配信者」の中の一つの形態といえます。

あらかじめ撮っておいたり作ったりしておいた動画ではなく、リアルタイムでの生配信をするのが特徴です。また、動画の編集を介さずに、カメラで撮ったものがそのまま配信されるので、話している人や踊っている人などの顔出しが多いということも特徴の一つです。

ライブ配信アプリをインストールしてアカウントを作れば、スマホ1台で始めることができます。この手軽さから、ライバーを始める人が急激に増えています。

人気のライバーは、毎日や毎週、定期的に配信を行うことで、リピーターを増やしています。また、視聴者が見ていて面白い、また見ようと思える内容を模索しています。ダンスや歌などの特技を活かしたり、わかりやすい話し方や大きなリアクションなど、工夫も重ねています。

また、生配信のため、マイナスなコメントが届いたり、電波状況が悪くなるなどのハプニングが起こったりもします。そんなときに、臨機応変な対応ができることも、ライバーの強みになります。

ライブコマースでもライバーは重要!押さえておきたいポイント

ライブコマースにおけるライバーは、視聴者に商品のことを伝える窓口となります。誰がライバーをするかがとても重要になってきます。

ライバーが売る商品のことに精通していなければ、商品の魅力を正しく伝えることができません。商品のことを知り尽くしている生産者や、実際にお客さんに商品を売っている販売員など、魅力を十分に知っている人がライバーになるといいでしょう。

また、話し方や伝え方がわかりにくいと、見ている人に伝わらず、途中で見るのをやめてしまう人も出るかもしれません。しっかりとした台本を練ったり、わかりやすい伝え方をしたりといった工夫も必要です。商品の見せ方についても、角度や背景など、研究する必要があります。

ライバー自身に魅力や個性があれば、ライバーのファンが増え、商品の売り上げや視聴者数も増えることが考えられます。定期的にライブコマースを行っていれば、リピーターになってくれる可能性も高まります。

ライバーへのサポートが充実しているプラットフォームや、ライバーの育成をしてくれるサービスもあるので、利用を検討してみてもいいでしょう。

まとめ

ライバーについて、基本的なことがわかっていただけたと思います。

ライブ配信アプリでも、ライブコマースでも、ライバーとして大切なことは「視聴者の目線で考える」ことです。

伝え方や見せ方によって視聴者へ与える印象が変わり、そのあとのアクションへとつながります。魅力を存分に伝えられるよう工夫を重ねて、ぜひ挑戦してみてください。

SNSでフォローする