副業ライバーにはライブコマースがおすすめ!始め方を解説します

初心者でも始めやすい副業のひとつに、ライブ配信で収入を得る「ライバー」という職業をご存じですか?

最近では、YouTubeライブやインスタライブなどさまざまなプラットフォームがライブ配信を行っているので、観たことがある人も多いのではないでしょうか。

YouTuberと違い、動画を編集する必要がないライブ配信は、意外と簡単に始めることができます。

初心者でも、比較的短期間で数千円から稼ぐことができるといわれており、努力や工夫次第でさらに稼ぐことも可能です。スキマ時間でもできるので、楽しみながら配信している人も多い稼ぎ方です。

この記事では、副業としてライバーを始めたい人に向けて、2つの方法について紹介します。ぜひ最後まで読んで、自分に合った方法でライバーを始めてみてください。

ライバーで稼ぐ方法は主に2つある!

ライブ配信は、アプリをダウンロードしてアカウントを作成すれば、基本的に誰でもすぐに始められます。

ライブ配信を利用して収入を得る方法は、主に2つあります。

投げ銭モデル

一つ目は、ライブ配信で投げ銭をもらう方法です。

多くのライブ配信アプリで、リスナーは応援したいライバーへ投げ銭ができます。いわばチップのようなものです。

投げ銭の一部は現金に換金できるので、ライバーにとっては収入源となります。投げ銭は、アプリによって「ギフト」「アイテム」「ダイヤ」などと呼び方が違いますが、同じことを意味します。

ライブ配信の内容は、楽しい雑談や、楽器やカラオケ、ダンス、料理、ゲームなど様々です。自分の好きなことや強みを生かしてリスナーを集めることができれば、その分投げ銭も期待できます。

さらに、第一印象をよくする工夫や、リスナーとのコミュニケーション、飽きさせないコンテンツなど、多くのライバーがファンを集める努力をしています。自分の頑張り次第で多くの収入を得ることもできるのです。

手軽に始められるライブ配信ですが、投げ銭は直接全額換金できるわけではなく、ライブ配信の時間やランクなどによって、配信報酬という形でライバーが受け取ることがほとんどです。

実際にリスナーが払った金額からライバーに入る金額(還元率)は、20~30%のアプリが多いと言われています。つまり、手数料が70~80%引かれてしまうということです。

また、多くの配信報酬を得るためには、その分配信時間を長くしたり、頻度を増やしたりする必要があります。

投げ銭で大きく稼ぐことは難しいですが、数千円から数万円の収入を得ることは比較的簡単にできるといわれています。コツコツお小遣いを稼ぎたいという人は、楽しく続けることができるでしょう。

ライブコマース

二つ目は、ライブコマースの配信をして商品を販売し、収入を得る方法です。商品を動画で説明できるのでわかりやすく、リスナーからの質問にもリアルタイムで答えることができます。

投げ銭モデルでは手数料が高いところがほとんどですが、自分で商品を安く仕入れて、それを売ることができれば、大きな利益を得ることができます。大きく堅実に稼ぎたい人には、こちらの方法がおすすめです。

ライブコマースは中国が先進国ですが、日本でもライブコマース市場は盛り上がってきています。

現在は、企業が多く取り入れており、個人での参入はまだ少ないですが、これからさらに盛り上がると思われる分野であるため、将来性に期待できます。

商品は、自由に自分の売ってみたいものを考えてみましょう。自家製の野菜やハンドメイド作品など、自分の作ったものを販売する人もいます。輸入品など、魅力的な商品を仕入れて販売することもできます。

売るものがない…という人は、服や本など、不要になったものを売るという手もあります。メルカリなどのフリマアプリで売るものを、ライブコマースで売るという感覚です。

ライブ配信を使って、商品の使用感や状態を正確に見せたり、リスナーからの質問に答えることで、双方がより満足して取引することができます。フリマアプリの情報だけでは売れないような訳アリのものでも、ライブ配信によって販売できるかもしれません。

ライブコマースに特化したアプリも登場しています。ピースユーライブは、2020年8月にリリースされたライブコマースアプリです。スマホ1台あれば、登録してすぐにライブコマースを始めることができます。2022年2月には総売上額が20億円を突破、登録者数も3万人を突破と、着実に成長しており、個人によるライブコマースが浸透してきているといえます。

オークション機能も付いており、不要になったものも販売しやすいのではないでしょうか。

また、YouTubeやInstagramなど、既存のプラットフォームを使ってライブ配信を行うこともできます。自分の商品を売るECサイトがあれば、チャットなどから商品ページへ移動してもらうことができます。

商品は準備できるけどECサイトを持っていないという人は、思い切って作ってしまうのもいいかもしれません。手間や初期投資は必要になりますが、順調にいけば、本業にすることも期待できます。

しかし、いい商品があれば売れるとも限りません。商品の魅力をうまくリスナーに伝えることができなければ、商品購入につながりません。さらに、ライブコマースによって自分自身のファンを得られれば、さらなる売上も期待できます。この点は、投げ銭モデルと同様、努力の積み重ねが必要です。

まとめ

副業ライバーとして収入を得る方法をまとめると、以下のようになります。

  • 投げ銭モデルで楽しみながらコツコツとお小遣いを稼ぐ
  • ライブコマースでまとまった金額を堅実に稼ぐ

投げ銭モデルでもライブコマースでも、大切なのはライバーとリスナーのコミュニケーションです。自分や商品の見せ方や伝え方、立ち振る舞いのほか、リスナー目線の企画やコメントなどによって、多くの人にファンになってもらえれば、収入にもつながり、やりがいも感じられます。

どんなライブ配信をすればリスナーに喜んでもらえるか考えながら、ぜひライバーに挑戦してみてください。

SNSでフォローする