日本でのライブコマース成功事例を紹介

近年、人々の購買行動は、「お店に買いに行く」から「ネットで買う」に変わりました。ネットで買うメリットは、欲しい時にすぐ買えることですが、販売しているものを手にとって見れないというデメリットもあります。

そこで、注目を集めているのがライブコマースです。商品をライブ配信で紹介しており、写真だけではわからない情報を得ることができます。

この記事では、ライブコマースを活用した日本での成功事例を紹介します。

1.ユニクロ

ユニクロもUNIQLO LIVE STATIONというライブコマースをおこなっています。

コーディネートのポイントをライブ配信するだけではなく、視聴者の質問にも回答しながら、商品の紹介をしています。

季節ごとにオススメの衣類を紹介したり、身長別のオススメアウターを紹介したりなど、人気の配信が多々あります。

店舗に買いにきた方への販売だけでなく、ネットでの販売にも成功しています。

2.BEAMS

BEAMSは、自社ECサイトでライブコマースをおこなっています。

商品を紹介するだけでなく、トークなども楽しめるようなライブ配信になっています。旬のアイテム紹介などもしており、お店に行っただけでは知ることができない情報を発信しています。

3.ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズは、Instagramでライブコマースをおこなっていることに加え、自社のオンラインストアでもライブコマースをおこなっています。

サイズ感を細かく紹介してくれているので、お店に見に行かなくても、その商品が自分に合っている商品かどうかよく分かります。

また、それによりライブ配信を見てから商品を買いにくるお客さんが増え、売り上げはライブコマース開始前より伸びているとのことです。ライブコマースで成功した典型的な事例ですね。

4.イオン

イオンでは、イオンモール内にある様々なお店の情報を発信しています。カルディやGLOBAL WORK、久世福などの人気アイテムを紹介しています。

「イオンモール内を全部見て回るのは大変。」と思っている方は、イオンのライブ配信を見てみてはどうでしょうか。

5.無印良品

無印良品のライブコマースでは、人気商品や定番商品など様々な商品を紹介しています。

実際の商品を使用してみた感じなども紹介しており、お店で商品を見ただけでは分からない情報を知ることができます。

まとめ

ライブコマースの日本での成功事例を紹介しました。今回紹介した事例は5つですが、他にもたくさんの企業でライブコマースがおこなわれており、成功しています。

お店に商品を買いに行くだけでは分からない情報を、ライブ配信で知ることができる点がライブコマースの魅力です。ライブコマースの魅力を生かした配信を各社で行っているので、ぜひ1度見てみてください。

SNSでフォローする