ライブコマースにインフルエンサーの協力を!メリットとデメリットを知っておこう

よく耳にするようになった「インフルエンサー」ですが、ライブコマースとも親和性が高いものです。マーケティングの一環として、ビジネスの中にインフルエンサーを迎える例も多くなっています。

この記事では、主に企業の行うライブコマースに、インフルエンサーを起用するメリットとデメリットを紹介します。人気のある人を起用すればいいというものではないため、協力してほしいと考えている人はぜひ理解した上で検討しましょう。

インフルエンサーとは

インフルエンサーの語源は、「影響」という意味を持つ「influence」という英語の言葉です。社会や人に大きな影響を与える人のことを指し、芸能人やスポーツ選手などがあたります。最近では特にTwitterやInstagramなどのSNS上で注目を集める人に対して使うようになりました。

インフルエンサーにはファッションやコスメ、ライフスタイルなど得意な分野での投稿を行っている人が多いものです。インフルエンサーに共感や憧れを抱いたフォロワーは、信頼感を持つようになり、影響力も大きくなります。

ライブコマースにインフルエンサーを起用するには

最近はインフルエンサーの影響力を利用した「インフルエンサーマーケティング」が注目を集めています。ライブコマースも例外ではなく、フォロワーを多く持つインフルエンサーを起用して商品を紹介してもらう事例があります。しかし、安易な客寄せのためのインフルエンサーの起用はおすすめできません。メリットとデメリットを理解した上で、協力を依頼する必要があります。

インフルエンサーを起用するメリット

大きな影響力

インフルエンサーを起用する一番のメリットは、やはり影響力です。フォロワーは、インフルエンサーに共感しているため、「この人が勧めるものなら」と商品に興味を持ってもらえる可能性は高いでしょう。また、SNSでインフルエンサーに告知を行ってもらえれば多くのフォロワーに拡散し、ライブコマースの開催を知ってもらうことができます。

それぞれの得意分野

例えば、コスメ関連の発信を行っているインフルエンサーをコスメ商品のライブコマースに起用するといった方法があります。フォロワーもコスメに関心が高いため、多くの人により高い確率で購入してもらえると考えられます。このように、インフルエンサーの得意分野と自社の売りたい商品がマッチすれば高い効果が得られるでしょう。

インフルエンサーを起用するデメリット

インフルエンサーの選定

インフルエンサーをライブコマースに起用しようと考えると、協力してくれるインフルエンサーを探さなければなりません。膨大な数のSNS利用者の中からイメージに合ったインフルエンサーを見つけ出し、さらに契約に至るのは簡単なことではありません。

依頼側がインフルエンサーを選ぶ一方で、当然ながらインフルエンサーも協力する企業や人を選びます。ライブコマースのインフルエンサーの起用は、まずインフルエンサーと契約を交わすに至るまでが一つの関門であると言えます。

商品の売上の保証はないこと

インフルエンサーに多くのフォロワーがいるからと言って、必ずしも商品が順調に売れるとは限りません。インフルエンサーをフォローする目的や理由は、フォロワーによって異なるからです。

また、Instagramなどで活躍していても、ライブ配信や動画は不慣れなインフルエンサーもいます。ライブコマースで売上を伸ばすにはトーク力も必要となるため、司会者を入れるなどしてサポートすることも場合によっては必要です。

綿密な打ち合わせが必要

外部の人をインフルエンサーとして起用する場合は、商品についての知識や配信の流れ、役割分担など、綿密な打ち合わせが大切です。配信はリアルタイムで流れるため、表現やワードにも気を配らなければなりません。さらに、打ち合わせや本番の日程調整も必要です。外部に依頼する場合は、内部の人がライバーをするより多くの手間や時間がかかることは理解しておきましょう。

インフルエンサー自身の共感を得ることも大切

ライブコマースの醍醐味は、商品に対する愛情や熱量がリアルに語られる部分でもあります。商品の紹介をインフルエンサーにお願いするのであれば、インフルエンサー自身にも商品に共感してもらうことが大切です。うわべだけのお世辞は見透かされてしまうものですが、逆に心からの共感は配信でも伝わるものです。共感を持って配信に参加してもらうためにも、自社のイメージや商品の目指す方向性などから、適切なインフルエンサーを選定することは大切になります。

まとめ

インフルエンサーにPRを協力してもらえれば、影響力や拡散力などのメリットはありますが、適切なインフルエンサーの選定や打ち合わせなど大変な面もあります。インフルエンサー自身の意向もあるため、そう簡単なものではないと理解しておきましょう。

一度インフルエンサーの協力を得られたら、お互いの信頼関係の構築や共感してもらうことも大切です。そして、依頼側は上から目線ではなくビジネスパートナーとして、対等で信頼できる良い関係性を築いていきましょう。

SNSでフォローする