主婦でもライバーはできます!ライブコマースで稼いでみよう

主婦の毎日は、子育てに家事に忙しいですよね。しかし、子供が大きくなってくるとだんだんと手が離れ、自分の時間も持てるようになってきます。そんな中で、ライバーをやってみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

この記事では、主婦でもライバーはできるのか、どんな稼ぎ方ができるのか解説していきます。最後まで読んで「自分にもできそう」と思えたら、ぜひライバーを始めてみましょう。

主婦でもライバーはできる!

結論から言うと、主婦でもライバーはできます!

ライバーのメリットは、まず家でできることです。会社勤めやパートのように、通勤する必要がありません。また、ライブ配信は、アプリを使えばいつでもどこでも始められます。スキマ時間を使えることも魅力の一つです。

ただし、収入をたくさん得たい場合は、曜日や時間を決めて配信することが効果的といわれています。決まった時間を確保する努力は必要かもしれません。また、ただ配信すればいいという訳ではなく、事前の準備や工夫も必要です。

また、家族の扶養に入っている人は、収入が増えると扶養から外れてしまう可能性があるので注意しましょう。最初のうちはそこまで気にする必要はないかもしれませんが、収入が増えてきたら、扶養の範囲内で稼ぐか、扶養を外れてたくさん稼ぐかを決める必要があります。

ライバーで稼ぐ方法は?

ライバーで稼ぐ主な方法は、投げ銭モデルとライブコマースの2つです。

投げ銭モデルは、初心者でも比較的簡単に数千円から数万円稼げるといわれています。しかし、収入を増やそうと思えば長時間の配信が必要です。さらに、リスナーをたくさん集めなければならず、知名度のない一般人にはハードルが高いものです。

ライブコマースは、ライブ配信を使った物販です。商品が売れたら、販売価格がそのまま収入となります。商品を何にするかが難しいところですが、準備して売ることができれば、ある程度まとまった収入になります。

投げ銭は小さな金額を地道に積み重ねていかなければなりませんが、ライブコマースなら、まとまった金額を堅実に稼ぐことができます。ここからは、主婦もできるライブコマースについて詳しく紹介します。

身近なものから商品を決めよう

ライブコマースといっても、最初は何を売ればいいかわからないものです。高額の商品を仕入れれば高額で売れる可能性がありますが、売れなかった場合のリスクもあります。まずは身の回りにある身近なものから始めてみましょう。

小さくなった子供服

子供はすぐに大きくなるので、服がすぐ小さくなってしまいます。着なくなった服の保管や処分に困っている人も多いのではないでしょうか。

子供服の売り買いに、フリマアプリを使ったことのある人もいると思います。フリマアプリは商品の説明に写真と文章を使います。一方ライブコマースなら、それらに加えて動画で、しかもリアルタイムでリスナーの見たいところを見せることができます。そのため、着古した服でも双方が納得したうえで取引ができます。

子供服はすぐ小さくなるため、お下がりでも十分と考える人も多いです。需要は十分に考えられます。

自分が着なくなった服

子供ができてから、服の選び方が変わった人も多いのではないでしょうか。子供はよく動き、よく汚すので、どうしても動きやすく洗いやすい服を選びがちになります。そんな中で着なくなってしまった服や靴はありませんか?スペースを取り、もったいないと思っているなら、それが商品になるかもしれません。

一方で、いつか着たいという気持ちもあり、なかなか手放せないものです。両方の気持ちを天秤にかけて、商品にするか検討しましょう。

不用になったもの

まだ使えるけど使わなくなった家電や日用品なども、商品として売れる可能性があります。服と同様、ライブ配信を使って、使用感や性能等を説明することができます。実際に使ったり動いたりしているところを見せるのもいいでしょう。

訳アリでも、その理由がリスナーにとって問題なければ売れる可能性はあります。捨てる前に、商品にできないか一度考えてみましょう。

ハンドメイド作品

子供ができてからハンドメイドを始めたという人も多いと思います。思い切って、作ったものを売ってみるのはいかがでしょうか。保育園グッズは需要がありますし、作った本人からこだわりや工夫した点などを聞けるのは、リスナーにとっても面白さがあります。色や柄の違うものをたくさん用意して、実店舗のようにリアルタイムでリスナーに選んでもらうなど、自分の作ったものだからこそできるライブコマースの形がありそうです。

仕入れた商品

ライブコマースに慣れてきた、仕事で仕入の経験がある、という人は、商品を仕入れてみるのもいいでしょう。上記の方法に比べて仕入の費用が掛かるので、ある程度売った実績を持って始めるほうが安心です。

リスナーからの質問やコメントに答えられるよう、商品の知識を持って説明できるようになっておく必要があります。

魅力的な配信ができるよう工夫しよう

商品が魅力的でも、ライブ配信を見て面白いと思ってもらえなければ、購入にはつながりません。逆に、面白い配信ができれば、何の変哲もない商品も売れるかもしれません。

リスナーは、商品を買うのはもちろんですが、ライブコマースという「体験」を買うところもあります。「面白かったから買ってみよう」「この人から買ってみよう」と思うような配信ができれば、あらゆるものが商品になりえます。

ライブコマースの魅力は、ライバーとリスナーがリアルタイムにコミュニケーションを取れるところです。リスナーからの質問に答えて伝えるべきことを伝え、リスナーを楽しませる工夫をしましょう。

まとめ

主婦にもできるライバー、特にライブコマースについて紹介してきました。何を商品にするか、どんな配信にするか、イメージが湧いたでしょうか。

商品の選び方や魅力的な配信は、ライブコマースをする人すべてにとって大切ですが、主婦目線の、主婦だからこそできるライブコマースの形もあると思います。難しく考えすぎず、こんなライブコマースがあればいいな、と思うものを試してみると、主婦をはじめリスナーの共感を得られるかもしれません。

SNSでフォローする