ライブコマースで家電を買おう!事例を紹介します

ライブコマースとは、ライブ配信を利用して、視聴者に商品を販売する新たな手法です。

ECサイトには、詳細な使い方が書いていなくて、よく分からないということはありませんか。ライブコマースでは、商品の使い方などを分かりやすく、ライブ配信で紹介しています。

ライブコマースには、ライブ配信という特性があるため、ライブコマースに特に向いている商品があります。それが家電です。

この記事では、ライブコマースと家電の関係性について紹介します。

家電のライブコマースについて

コロナの影響により、外出を控えるようになり、店舗で商品を買う機会が減りました。代わりに、ECサイトで購入する機会が増えましたが、視聴者により分かりやすい販売方法として、ライブコマースを導入する企業が増えています。特に家電は、商品の使い方や特徴を顧客が理解しないと購入しないため、商品の説明を分かりやすく行うことが重要になります。

ヤマダデンキ

2021年11月にライブコマースを開始しました。ヤマダデンキのライブコマースは、視聴者が商品の気になる点をコメントすることができ、販売員がリアルタイムで回答します。

ページ上にはヤマダウェブコムへのリンクがあり、商品の購入は簡単に行うことができます。

また、セール期間中はアーカイブ配信を行なっているなど、見逃した方への配慮もされています。

ビックカメラ

ビックカメラのライブコマースは、ビックカメラ.comとリンクしており、商品を購入することができます。ビックカメラ.comは送料無料や長期保証などの特徴があります。

ライブ配信は実際の店舗で行われることもあり、ライブ配信が盛り上がるだけではなく、現場でも盛り上がりを見せています。

また、ビックカメラはSHOWROOMと資本・業務提携を結びました。ビックカメラの販売員の提案力と、SHOWROOMのライブ配信ノウハウを掛け合わせ、ライフマコマースにさらなる力を注いでいます。

まとめ

ライブコマースはライブ配信という特性があるため、商品の説明が必要な家電と相性がよいです。そのため、各家電量販店ではライブコマースを開始しています。さらには、ライブ配信企業と業務提携を結び、力を入れています。

各家電量販店は既に、ECサイトを持っているため、ライブコマース開始のハードルは低かったといえます。1つの商品について、ライブ配信でわかりやすく紹介していることはあまりないので、ぜひライブコマースを1度見てみてください。

SNSでフォローする