ハンドメイド関連のライブコマースとライバーを紹介

ライブコマースは、商品を紹介するライブ配信と、物販を組み合わせた方法です。

物販といえば、フリマアプリなどで、ハンドメイドを販売したり、購入したりすることが人気を集めています。特に、新たな販売方法として注目されているライブコマースでも、ハンドメイド商品をライブ配信で紹介し販売する実例が多くあります。ハンドメイドライバーと呼ばれる、ハンドメイドに特化した配信者も登場するようになりました。

この記事では、ハンドメイド業界のライブコマースとライバーについて紹介します。

ハンドメイド業界について

ハンドメイドを販売する機会や購入する機会といえば、フリーマーケットやイベントです。しかし、コロナ禍によってハンドメイドを見かける機会は減りました。

現在では、インターネットを通して、ハンドメイドの販売や購入をするという流れになってきています。ハンドメイド講座も多くありますので、誰でも簡単にハンドメイドを始めやすくなっています。

ハンドメイド業界のライブコマースについて

ハンドメイド業界でもライブコマースは行われています。特に、LIVE812では、ハンドメイド作家が商品を販売していたり、イベントが開催されています。

ハンドメイドマルシェが開催されており、日本中のハンドメイドライバーが、ライブコマースを行っています。しかし、イベントによってはライブコマースを禁止している場合があります。イベントへの参加や出店を考えている方は、事前にライブコマースが可能か確認しましょう。

ハンドメイドのライブコマースでは、どのような生地や道具を使っているのか、どのように作っているのかなどを知ることができます。出来上がった商品や、使っている生地を購入できるため、自宅で出来上がった商品を見ながら、自分で作ってみるといったことに挑戦ができます。

ハンドメイドライバーについて

インターネットでハンドメイドライバーと検索すると、ハンドメイドライバーの方の、Twitterやサイトが表示されます。サイト内では、どのようなハンドメイドをしているかや、新商品の紹介を行っています。

ハンドメイドのライブコマースをまだ見たことがない人でも、どのような物を販売しているか見ることができるので、1度覗いてみてください。

まとめ

ハンドメイド業界のライブコマースとライバーについて、紹介しました。

ハンドメイド業界はコロナ禍により、販売する機会を失いましたが、ライブコマースによって、機会を取り戻しつつあります。また、ハンドメイドライバーという、ハンドメイドに特化したライバーも登場し、質の高い商品が販売されています。

ハンドメイドに少しでも興味を持った方は、ライブ配信を1度見てみてはいかがでしょうか。

SNSでフォローする