ライブコマースで失敗したくない!ありがちな場合を知って対策しよう

「ライブコマースをやってみたいけど、失敗するのが怖い…。」と、始めるのをためらっている人もいるのではないでしょうか。初めてのことに挑戦するのは誰しも不安になるものです。

そこでこの記事では、ライブコマースにありがちな事態やトラブルを紹介します。事前に知っておけば対策を考えることができます。また、失敗したと感じても次に生かすことができれば、貴重な経験となるでしょう。

ありがちな例を知って対策しておこう

ライブコマースでよくあるトラブルや反省点について見ていきましょう。今知っておけば今後対策することができるため、前向きな気持ちで読んでみてください。

リスナーが少ない

ライブコマースで商品を販売したくても、リスナーが少なければ大きな売り上げは見込めません。リスナー全員が買ってくれるとは限らないため、リスナー自体が少なければ買ってくれる人はさらに少なくなります。

ライブコマースを行うなら、事前の告知がとても大切です。友人・知人やSNSで繋がりのある人などにライブコマースを行うことを知らせましょう。SNSではフォロワー以外の人にも知ってもらうために、動画やタグを有効活用するなどの工夫も必要です。

機材トラブル

機材を使い慣れていない場合、配信中のトラブルにうまく対応できないことがあります。そのため、一度はリハーサルをしておくことをおすすめします。リハーサルによって機材の使い方に慣れ、さらに他の面で改善点が見つかれば対処しておきましょう。

コミュニケーション

自分が話すばかりでリスナーのコメントや質問に答えられなければ、ライブコマースをする意味は半減するでしょう。双方向のコミュニケーションを取れることはライブコマースの醍醐味です。配信で伝えたいことはあらかじめまとめておき、リスナーとのコミュニケーションに時間を多く使いましょう。そうすれば、リスナーは商品をよく知った上で購入でき、ライバーからの反応を受けて満足感や楽しみを得ることができます。

緊張

本番はリアルタイムで配信されるため、気にすることやすべきことが多くあります。さらに緊張してしまうと、満足のいく配信ができない可能性は高いでしょう。

対策としては、リハーサルを行うことや、配信に集中できるように工夫することなどが挙げられます。慌てないように準備をしておくことで、何もしないより安心して本番に臨むことができるでしょう。また、配信の最初にリスナーに伝えてしまうというのも一案です。キャラクターとして受け入れてもらうことで、リスナーとの距離を縮められることもあるでしょう。

ただの商品の紹介に終わる

淡々と商品の紹介をするだけでは、ライブコマースとしては物足りないといえます。リスナーは買い物だけでなく、配信の楽しさ・面白さによっても満足度が変わります。リスナーが楽しめるようなトークや企画ができれば、ファンを集めることができるでしょう。慎重なリスナーには、繰り返し配信を視聴する中で信頼できるとした上で購入に踏み切るような人もいます。リスナーに親近感を持ってもらい、楽しませられるような工夫や企画を準備しておくことが大切です。

失敗しないためには

ライブコマースは「トライアンドエラー」です。一度配信をして「失敗した」と思っても、それを振り返って次に生かすことが大切です。配信そのものだけでなく、その前後の行動も重視しましょう。気付きを得て改善できたなら、失敗と感じたことにも意味があるはずです。

事前準備

告知やリハーサル、台本や企画作りなど、事前の準備をしっかりと行いましょう。ただし、台本は作り込みすぎるとライブ感が薄れてしまうため、ざっくりとした流れを決める程度にとどめると臨機応変に対応できます。準備をしておくことで、本番で安心できるだけでなく、「今回はこんなことをやってみよう」といった試行錯誤ができます。

事後分析

ライブコマースを行った経験や実績から、良かった点や反省点を振り返り、次に生かしていきましょう。販売数や売上金額に加え、アプリによっては視聴者や視聴時間、離脱率など、数値のデータが取れるものもあります。貴重なデータとなるため、それをもとに配信時間や商品、価格などの見直し、試行錯誤に役立てましょう。

まとめ

ライブコマースに限らず、初めて行うことには不安がつきものです。しかし、失敗を過度に恐れずまずはやってみることが大切です。1回1回の配信を積み重ねて小さなことでも改善していくことで、ライブコマース自体に慣れ、よりよいものにしていけるでしょう。失敗も経験の一つと捉えて、前向きな姿勢で臨みましょう。

SNSでフォローする