ライブコマースに向いている人とは?押さえたい大切なポイントを解説

ライブコマースに興味があるけど、「話すのが苦手」、「若くないから」といった理由で敬遠している人もいるのではないでしょうか。しかし、実は向いているかもしれないのに敬遠するのはもったいないことです。

この記事では、ライブコマースにおいて大切なことや、向いている人について例をあげて解説します。当てはまった人もそうでない人も、この記事を参考にしてライブコマースを前向きに考えてみてください。

ライブコマースで大切なこと

明るさ、元気の良さなどの人あたり

ライブコマースは商品を販売する手段ではありますが、リスナーの視聴や購入にはライバーの人柄や雰囲気も大きく影響します。画面越しとはいえ、ライブコマースはコミュニケーションの場でもあるため、対面でのコミュニケーションに通じるものは多くあります。元気な挨拶や笑顔での配信など、人当たりの良さは大切です。

誠実さ、信頼感

商品を販売する場であるため、「この人から買ってもいいな」と思わせる、誠実さや信頼感も必要です。ネット上で会った見ず知らずの人から物を買うのは勇気がいるものです。人柄を見せつつリスナーからの質問に真摯に答えることで、信用を得ることができるでしょう。そしてその積み重ねによって、リピーターやファンを得ることにもつながります。

コミュニケーション能力

リアルタイムで届く質問やコメントに臨機応変に答えていくコミュニケーション能力も必要です。話す力に加え、リスナーからの声を聞いて生かしていくことが大切です。商品を紹介する場であるため、ついつい自分のしたい話をしてしまいがちです。しかし、ライブコマースにおけるリスナーは、「ライバーの話を聞きたい」というよりは「商品のことを知りたい」と思っているはずです。リスナーの知りたいことを汲み取って、コミュニケーションに生かしましょう。

振り返りや分析ができること

継続してライブコマースをしていきたいなら、1回1回の配信の反省点や良かった点などを振り返る作業も大切です。また、商品の売れ行きを見て次回扱う商品を変えてみたり、リスナーの数や層を見て配信の日時を変えてみたり、といった分析も必要でしょう。

ライブコマースに向いている人とは?

上で述べたことが身についている、または苦に感じない人は、ライブコマースに向いていると言えるでしょう。その中でも、特に向いていると思われる人の特徴の一例を紹介します。

人と話すことや話を聞くことが好きな人

人とのコミュニケーションが好きな人は、人あたりのいい話し方や雰囲気を持っているものです。ライブコマースでもその力を生かし、楽しみながら配信ができるでしょう。ただし、自分が話すばかりにならないよう注意が必要です。ライブコマースでは、リスナーの声を聞くことが、自分が話すことと同じくらい大切です。「話すのはあまり得意ではないけど、聞き上手といわれる」という人も、活躍できる可能性は大いにあります。

反省し、次に生かすことのできる人

振り返りや分析が得意な人は、ライブコマースに向いているといえます。配信中の反省点や改善点などを洗い出し、次回の配信に反映させることで、配信がどんどん良くなっていくでしょう。その結果はリスナーからのコメントや販売数などにダイレクトに表れます。また、コメントや購入がないことが、その結果となる場合もあります。このように、トライアンドエラーの結果がすぐに表れることもライブコマースの特徴です。

責任感がある人

他人に商品を販売する以上、クレームを受ける可能性はあります。その可能性を少しでも減らすために、誤った情報や誤解を招く言葉を使わない、商品の悪いところについても言葉を選びつつも伝える、といった、責任感を持った心がけができる人も向いているでしょう。リスナーは時間とお金を掛けてくれる一方、ライバーも時間や手間をかけているため、お互いに有益な時間となる配信をしたいものです。

まとめ

ライブコマースは、コミュニケーションの場でもあり商品販売の場でもあるため、さまざまなことが大切ですが、どれもリスナーのことを思いやることにつながります。リスナーに感謝し、気持ちの良いコミュニケーションを取ることで、リスナーもライバーも楽しむことができるでしょう。このような心掛けができれば、良いライブコマースができるはずです。

SNSでフォローする