ライブコマースをDXのきっかけに!デジタル技術で事業や社会の変革を

「DX」という概念をご存じでしょうか?デジタル技術の発展によって出てきた言葉で、現在はビジネスにおいてよく使われます。2018年に経済産業省よりガイドラインが出されたことで聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。デジタル技術を用いているライブコマースも、DXに関わりがあるといえます。

この記事では、DXの意味や、企業や個人への影響について簡単に解説します。「聞いたことはあるけどよくわからない」という方も、ぜひ読んで内容を掴んでおきましょう。

DXとは?

DXは「デジタルトランスフォーメーション」と読みます。ビジネスでよく使われる言葉ですが、当初提唱された意味はビジネスに限らないものでした。その概要は「進化を続けるデジタル技術を社会に浸透させることで、人々の生活を豊かにしていく」といったものです。スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授による概念で、2004年に学問的な用語として提唱されました。

経済産業省による「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」では、以下のように定義されています。

”企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。”

(引用:経済産業省 デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン

https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/dx/dx_guideline.pdf)

つまり、デジタル技術を用いて自社の商品やビジネスモデル、内部のシステムなどを変革し、競争力を保っていくことであるといえます。

デジタル技術とはIT技術やAI、インターネットなどのことです。これらを活用した具体的なものには、デジタル機器やオンラインメディア、SNSなどがあります。これらはビジネスの世界で取り入れられ発達したため、DXという言葉はビジネスの世界で広く浸透しています。人間の手では処理しきれない膨大なデータの収集・分析、業務やコストの削減、これまでにはなかった新たなビジネスモデルの誕生など、様々な変革をもたらしてきました。

技術を取り入れるだけではない

DXは、デジタル技術をただ取り入れるだけのものではありません。技術を導入し、それをビジネスにどう生かし、ビジネスモデルや会社のビジョンにどう変革を起こすかということがポイントとなります。DXはこの流れの中の「変革を起こす」部分であるため、DXの実現には段階を踏んでいくことが必要です。そのためには、目指すべきビジネスモデルやビジョンをまず明確にし、そのためにはどのような仕組みが必要か、その仕組みを作るために何を導入すればいいか、という風に逆算して考えることが大切です。

どう生かせるか?アイディアが必要

DXにはこうしなければならないという正解はありません。デジタル技術を使って「こんなことができればいいな」「こんなことはできないかな」といった改善のアイディアを出すことが必要です。正解がないからこそ、いろいろな方法があります。まったく新しいシステムを作ることもでき、将来の可能性とともに難しさもあります。

ライブコマースとDX

ライブコマースは、デジタル技術を利用した新たな販売方法として、大手企業を中心に取り入れられています。そしてライブコマースを利用する個人にも認知度が高まり、利用する人が増えてきました。また、ライブコマースのできるサービスの登場によって、個人でライブコマースに参入する人も増えています。

企業への影響

ライブコマースを導入すればただちにDXを実現できるというわけではありません。しかし、そのきっかけや一部にすることができるでしょう。ライブコマースを行うことでリスナーの情報を収集し、データを得ることができます。また、双方向のコミュニケーションを取ることができます。ライブコマースを通してデジタル技術を事業に組み込み、ビジネスモデルの一環として活用しましょう。

今から取り組んでおけば、他社との差別化を図ることができ、優位性を確立できるでしょう。しかし経済産業省のガイドラインにより2025年を目標に取り入れる企業は増え、DXは当たり前になっていくと予想できます。その中でさらなる差別化を測り、優位性を確保していくよう考える必要があるでしょう。

個人への影響

DXへの取り組みは、主に企業で行われます。しかし「人々の生活を豊かにしていく」DXは、一般の消費者や個人のライバーにとってもより身近なものになっていくでしょう。デジタル技術を活用したものがさらに増え、個人でも利用できるサービスも増えると考えられます。そのため常にアンテナを張り、生活や事業・副業に生かす目線でとらえることで新しいことができるかもしれません。

まとめ

ライブコマースはまだまだブルーオーシャンの分野で競合が少なく、今後さらに参入が増えると考えられます。ライブコマースをはじめとしたデジタル技術を事業に組み込みDX化することで、競合より一歩先を行くことができます。また、一般の個人においても、これから世の中がますますデジタル化する中で、知識や経験を持っていればさらなる変化に対応していきやすくなるでしょう。

SNSでフォローする