中国でのライブコマースの成功事例を紹介

商品をライブ配信で紹介して販売する「ライブコマース」は、日本だけではなく、世界で注目を集めています。特に、中国では数十兆円の市場となっており、ライブコマースは商品販売の手段として活用されています。

これだけの市場規模になった理由として、様々な成功がありました。この記事では、中国でのライブコマースの成功事例を紹介します。

1.口紅王子

中国には数多くのKOLがいます。KOLとは、日本でいうインフルエンサーを表しており、中国には、化粧品関連で有名なKOLがいます。

口紅のライブコマースにて、自分の口紅を塗るという配信をしたところ、口紅がすぐに売り切れてしまいました。その後も、年間数百回のライブ配信を実施し、そのKOLは口紅王子と呼ばれるようになりました。

1回のライブ配信で、売り上げは億単位を記録するほどの成功を納めました。

2.百思寒

百思寒は中国のダウン製品を取り扱う企業です。企業としての知名度はありましたが、商品の知名度がなく、大きな売り上げは記録できていませんでした。

そこでライブコマースを実施したところ、他社製品との違いをアピールすることに成功し、2週間ほどのライブ配信で数百万着の販売を記録しました。

配信時には、コミュニケーションをとるようにし、クーポンの配布などもおこない、成功を納めました。

3.タオバオライブの女王

中国には、独身の日があり、その日は1年で最もネットショッピングで商品が売れる日です。タオバオライブの女王と呼ばれる中国のKOLは、1日で数十億円の売り上げを記録しました。

タオバオライブの女王については、日本でもニュースで取り上げられるほど、注目を集めました。

中国でのライブコマースの盛り上がり

中国でのライブコマースは、クーポンの配布や値下げなどがおこなわれています。お店に買いに行くよりも、ネットで買った方がお得に買うことができます。

また、ライブ配信の配信者はKOLのため、「同じものが欲しい」「KOLが紹介している商品なら安心できる」という気持ちにさせることができ、大きな売り上げを記録しています。

まとめ

中国でのライブコマースの成功事例を紹介しました。中国ではライブコマースが注目を集めており、成功事例が増えてきています。

数日で数億円を記録するなど、店舗販売では記録できなかった売り上げをライブコマースでは実現しています。クーポンの配布や値下げなどといった工夫が見られ、これからさらなるライブコマース市場の拡大に期待できます。

これからの中国のライブコマース動向には、注目しておきましょう。

SNSでフォローする