中国のライブコマースおすすめアプリを紹介

ライブコマースは、ライブ配信を活用して商品を売るサービスです。

日本でも近年人気のあるサービスですが、中国でもかなり人気があります。中国では、ライブ配信が盛んに行われていることもあり、ライブ配信アプリが数多くあります。

この記事では、数多くあるアプリの中から、中国や世界でも人気のアプリを中心にオススメのアプリを紹介します。

タオバオライブ

タオバオライブは、中国だけではなく、全国で有名なアリババグループが運営しているライブコマースです。

タオバオの利用者は8億人を突破するほどです。中国で商品を販売しようとした場合、選択肢として最初に挙がるのがタオバオでしょう。

そのため、ライブコマースを始める際には、タオバオライブを選ぶのが良いでしょう。タオバオライブで配信するには、タオバオ店舗を持っている必要があるなど、条件がありますので注意しましょう。

快手ライブ

快手ライブは、初めはライブコマースの機能がないライブ配信アプリでした。しかし、タオバオライブがライブ配信で人気となり、快手ライブも現在はライブ配信機能を持ったアプリとなりました。

アプリには、商品リンクの貼り付け機能があるなど、ライブコマースとしての機能は充実しています。ライブ配信者にプレゼントを送る機能があったりもします。

TikTok

日本でも人気のあるTikTokでライブコマースを始めることができます。TikTokは手軽に動画を配信できる仕組みであり、利用者数は、10億人を超えています。

TikTokには若い世代の視聴者が多く、アパレルや雑貨を販売すると相性が良いです。また、フリーの楽曲も数多くあり、配信の質を高めやすい点も魅力的です。

BiliBili

動画配信大手のBiliBiliでもライブコマースを実施しています。

BiliBiliはアイドルやキャラクターなどのジャンルを中心に扱っています。他にもアニメやゲームなど、若者に人気のある配信などが多く、若者に人気のある商品を販売する人にはオススメのアプリです。

配信者と視聴者間でのコミュニケーションも多くあり、それをきっかけに商品を販売することもできます。

まとめ

中国のライブコマースアプリを4つ紹介しました。メジャーなアプリが中心でしたので、知っているアプリもあったのではないでしょうか。

ライブコマースは、アプリによって利用している方の系統が異なるので、自分が販売したいと思っているものと一致しているか確認するようにしましょう。

まずはライブコマースをやってみて、どんなアプリなのか見てみてはいかがでしょうか?

SNSでフォローする