ライブコマースにオススメの撮影機材4選

ライブコマースは、ライブ配信で商品を紹介しながら、リアルタイムに購入してもらう販売方法です。

ライブコマースはスマホアプリだけで始めることもできますが、より商品を魅力的に見せる場合には、カメラなどの撮影機材が必要となります。

この記事では、ライブコマースを始めようと思っているけれど、どんな機材が必要か分からなくて困っている方の悩みを解決します。それでは、ライバーとして活躍するために必要な撮影機材を紹介します。

1.マイク、ミキサー

綺麗な音声で撮影するため、マイクは必要です。

ノイズカット機能を備えたマイクを選択すると、呼吸音などの雑音をカットすることができます。

また、ミキサーは音量などの調整をすることができる機材です。音声やBGMなどの音量を調整して、聞き取りやすい音声にすることができます。配信はイヤホンなどを利用して聞く方も多いため、音質は特に重要です。

スマホでも音声を撮ることはできますが、質の高い配信をするために、音にはこだわるようにしましょう。

2.リングライト

配信者の顔を明るく映すのに、リングライトを使うと良いです。

通常の照明とは異なり、程よく明るくできるため、顔に影などができるのを防ぐことができます。また、リングライトの中央部分には撮影用のカメラを配置することができます。

カメラの影が、自分の顔に当たる心配もありません。部屋の電気だけでは、どうしても暗い配信となってしまうため、照明は用意するようにしましょう。

3.一眼レフ

スマホやPCのカメラでも十分撮影は可能ですが、一眼レフを利用すると高画質の撮影を行うことができます。

しかし、一眼レフは数十万円しますので、お財布と相談をして購入を検討しましょう。

ライブ配信の場合、ある程度の画質までいくと、画質の変化は分からなくなります。そのため、ショップなどで画質が綺麗で、安めのカメラからまずは始めてみると良いでしょう。

4.グリーンバック

最近では、リモートワークなどが増え、背景を気にする方が増えたと思いますが、グリーンバックはとても便利です。

販売したい商品を背景に表示したり、好きな画像を背景に設定できます。

数千円程度から購入できますので、まずは買ってみるのが良いと思います。緑のカーテンなどを持っている人は、まずはそこで配信してみるのも良いかもしれません。

まとめ

ライブコマースは、スマホ1台から始められますが、撮影機材を揃えることはライバーとして活躍するには必要です。

カメラ1つを購入してみるだけでも、配信の質は大きく高まります。今回紹介した撮影機材は特にオススメのものなので、ぜひチェックしてみてください。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。