ライブコマースは迷惑?ライバーの迷惑行為と解決法を紹介します

ライブコマースは、ライブ動画を配信しながら、商品を販売する新たな販売形態です。近年では、アーティストやインフルエンサー、一般の方まで様々な人がライブ配信をしています。

ライブコマースは、配信者が利益を生み出すために行いますが、時には人に迷惑をかける場合があります。

この記事では、ライブコマースが生み出す迷惑行為と解決法を紹介します。

騒音問題

ライブコマースは屋外だけではなく、屋内や自宅でも行うことができます。また、ライブ配信は商品を紹介するため、声を出して行います。

もし、集合住宅でライブコマースを行った場合はどうなるでしょうか。大きな声やリアクションをとり、ライブ配信を行った場合は、隣の部屋の方の迷惑になる恐れがあります。

対策としては、「窓やドアを閉め切る」「小さめの声で行う」「防音室を用意する」などが挙げられます。防音室の用意などは、お金もかかるため、ちょっと声が大きすぎるかなと思う方は、まずは小さめの声で行うことから始めてみてはどうでしょうか。

チャットやコメントへの対応

チャットやコメント欄には色々な方がメッセージを送ってくれます。時には、不快に思うコメントもあるかもしれませんが、対抗しようとしないことが大事です。対抗した場合は、さらにコメント欄が荒れ、他の方がコメント欄を利用できない状態になる恐れがあります。

対策として、必要以上にコメント欄には反応しないようにしましょう。また、誹謗中傷や人種差別のようなことは決してしないようにしましょう。もし、コメント欄が荒れてしまった場合は、コメント欄を停止するなど速やかな対応をとる必要があります。

配信が上手な人ほど、コメントを拾うのがうまく、スルーする力もあります。コメントの見極めもできるようにしましょう。

公共の場での配信

ライブコマースを行う際は、人に迷惑をかける恐れがある場所で行うことはやめましょう。電車やバス、商業施設などでは周りに多くのお客さんがいるため、迷惑をかける可能性があります。他の人が配信に映りこむと、トラブルの原因になる場合があります。

ライブコマースが禁止されている場所、他の人が映り込む恐れがある場所での配信はやめましょう。

まとめ

ライブコマースでの迷惑行為と対策について紹介しました。

騒音問題は、集合住宅で多い問題ですので、近隣の方に迷惑にならないように注意しましょう。チャットへのコメント対応は、必要以上に反応しないことが、周りに影響を与えないコツになります。公共の場での配信をする際は、他の人が映らないように注意しましょう。

他にも、迷惑になる行為はあります。ライブコマースを行う際は、周りに迷惑をかけていないか意識することで、事前に防ぐことができます。ぜひ意識してみてください。

SNSでフォローする