ライブコマース×アパレル業界の動向と事例を紹介します

コロナ禍になりおうち時間が増えた今、洋服をネット通販などで購入する方は以前に比べて増えたのではないでしょうか。しかし、ネット通販では実際の服のサイズが分からなかったり、色味が思っていたものとは違うことも多いでしょう。 そんな悩みを解決する方法として、ライブコマースが話題になっています。

この記事では、アパレル業界のライブコマースの動向と事例を紹介します。

ライブコマースとは?

ライブコマースとは、ライブ配信を利用し、リアルタイムで商品を販売をするという手法で、ライブショッピングとも呼ばれます。コメント機能がついているものがほとんどで、購入者と双方向にやりとりをしながら販売ができるという特徴があります。リアルタイムに商品の魅力をより細かく伝えられるのもライブコマースの良さの一つです。

アパレル業界のライブコマース活用事例

アパレル業界は、ライブコマースのなかで最も活用事例が多いです。自分のサイズに合うのか、どんな色味なのか、というのは、写真だけだと分かりにくいものですが、ライブ配信だと気軽に質問できるため、多くのブランドで取り入れられています。

ユニクロ

ユニクロは、「UNIQLO LIVE STATION」というライブコマースをおこなっています。

コーディネートのポイントを配信するだけではなく、視聴者の質問にも回答しながら、商品紹介をしています。季節ごとのトレンドや身長別のコーディネートなどを知ることができます。

BEAMS

BEAMSは、自社のECサイトでライブコマースをおこなっています。アイテムを紹介するだけでなく、トークも楽しめるようなライブ配信になっています。お店に行っただけでは知ることができない情報を発信しています。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

ユナイテッドアローズは、Instagramと自社のオンラインストアでライブコマースをおこなっています。

サイズ感を細かく紹介してくれているので、お店に見に行かなくても、その商品が自分に合っている商品かどうかよく分かります。

まとめ

いかがでしたか?ライブコマースとアパレル業界の親和性は非常に高いものだということがお分かりいただけたと思います。

今回は、企業がおこなっているライブコマースの事例を取り上げましたが、個人でもセレクトショップのようなかたちで販売している方も多くいらっしゃいます。

これからは、ライブコマースで自分に合うファッションを見つけていく時代が来るのかもしれませんね。

SNSでフォローする