ライブコマースでの買い物は不安?ポイントを押さえて納得した取引を

ライブコマースで、家にいながら対面販売のように商品の購入を楽しむことができるようになってきました。また、販売するのは企業だけでなく、個人でも簡単にできる仕組みができています。しかし、それゆえに悪意を持った人が参入しやすくもなっています。

この記事では、ライブコマースを使って購入をしてみたいけど、詐欺などの不安を感じている人へ向けて、安全に買い物ができるポイントを解説します。

中国ではライブコマースでの詐欺が発生

ライブコマースの先進国である中国では、偽物の販売や、サクラや誇張表現を用いた事例が実際に起きています。対面の販売ではないために実物を確かめられないことや、ライバーの巧みで扇動的な表現によって、不適切な販売・購入が起こりました。特に金融商品については、消費者への注意喚起の通知が出されました。

安心してライブコマースで買い物するには?

日本でもライブコマースのできるアプリは増えており、出品する場合も審査不要のものも出てきています。手軽に販売側として参加できることはメリットですが、それを逆手にとって悪用しようと考える人は必ずいるものです。悪意のあるコメントを排除するなど、アプリ運営側の対策はあるものの、自分でしっかりと判断して購入する必要があります。

衝動的な購入は避ける

ライブコマースは、ライバーによるリアルタイムの商品紹介を受けることができるため、視聴するのも楽しいものです。「欲しい」と思ったらすぐ購入できることは便利ですが、一旦冷静に考えましょう。商品説明に矛盾はないか、本当に自分の思うような効果のある商品かなど、検討してみることが大切です。

コミュニケーションを取ってみる

「欲しい」と思った商品について、分からないことがあれば積極的に質問してみましょう。疑問をリアルタイムで解決できるのは、ライブコマースの強みです。商品について納得して購入するために、どんどん活用しましょう。ライバーにとっても、良い取引ができれば実績となり、多くの信頼獲得につながります。コミュニケーションを取って納得して取引をすることは、リスナー・ライバー双方にメリットがあるといえます。

ライバーについて知る

配信を行っているライバーのことを知り、信用できるかどうか考えてみましょう。得ることのできる情報には限りがありますが、フォロワーや視聴者の数も立派な情報の一つで、その人数が多ければ、多くの人から信用されているということです。他の出品状況などを見ることも参考になるでしょう。

まとめ

ライブコマースは、実際に商品を見ることができないものであり、不安に感じる方もいるでしょう。そのため、できる限りの情報収集を行い、納得したうえで購入することがポイントです。良いライバーは、質問やコメントをすれば真摯に答えてくれ、リスナーとコミュニケーションを取って良い取引をしたいと考えているものです。ライブコマースの強みを最大限に生かして、納得して購入しましょう。

SNSでフォローする