ライブコマースの振り返りと分析でさらに楽しく売上アップを目指そう

ライブコマースを実際にやってみると、新しい発見や反省点が見つかるでしょう。また、売れた商品の数やリスナー数など、数値のデータを得ることもできます。これらを振り返り分析することで、次回以降のライブコマースに生かすことができ、よりよい配信を行うことにつながります。

この記事では、ライブコマース後の振り返りや分析の方法について解説します。売上を増やして楽しくライブコマースを行っていくために、ぜひ取り入れてみてください。

なぜ振り返りや分析が必要なのか?

「振り返り」や「分析」と聞くと、「堅苦しいな」「面倒だな」と思う人もいるかもしれません。まずは「リスナーの反応が良かったな」「ああすればよかったな」など、配信中に感じたことを思い出してみましょう。そこから「次はこうしてみよう」と考えることが振り返りや分析の第一歩です。難しく考えなくても構いません。

ライブコマースで売上を増やすためには、ライブコマースをより良いものにしていく必要があります。その手掛かりとなる情報を実際に行ったライブコマースから得られているなら、

それを生かさない手はありません。

また、「思ったよりも大変だった」と感じた人もいるかもしれません。なぜ大変だったか、どうすれば大変ではなくなるかを考えることで、状況を改善できるでしょう。また、分析して手を尽くしても難しかったり苦痛に感じたりする場合は、やめるという判断もできます。

振り返り・分析

では、具体的にはどのようなことを考えればいいのでしょうか。振り返りや分析の方法について詳しく紹介していきます。

感想や自己評価

ライブコマースを行っているときに感じたことや、良かった点・悪かった点を箇条書きにしてみましょう。リスナーの反応がどうだったかも思い出してみましょう。そして、「次はこうしたい」という気付きがあれば次に生かすことが大切です。

数の把握

リスナーの数や商品の販売数、リアクションの数にも注目しましょう。リスナーが少なかった場合は、告知方法を検討する必要があるでしょう。人気の商品が把握できれば、次回のライブコマースで扱う商品の選定に役立ちます。逆に、売れる見込みのない商品を扱わないという判断もできます。どんなタイミングでリアクションが多かったかがわかれば、リスナーの注目するポイントを推測できます。このように、数のデータから様々なことが考えられます。また、次回以降と比較がしやすいため、大切にしたいデータです。

リスナーのコメント・質問

リスナーがどんな風に感じたか、何を考えているかがダイレクトにわかる貴重なデータです。商品の何を重視しているか、なぜ欲しいのか、どんな感想を持ったかなどがわかるため、今後の商品の選定や紹介内容に大いに生かすことができるでしょう。

コーナーやトーク、ライバーの人柄などに対するコメントが届くこともあるでしょう。参考にできる点や隠れたニーズが含まれているかもしれません。また、リスナーから反応があると単純に嬉しいものです。楽しみや喜びをかみしめ、自分も楽しみながらライブコマースを改善していくといいでしょう。

実際に感想を聞いてみる

友人や知人がライブコマースを視聴してくれた場合は、直接感想を聞いてみるという手もあります。親しい相手なら、率直な意見や感想を教えてくれるでしょう。ただし、それが怖いと感じるなら、無理に聞く必要はありません。

まとめ

一度ライブコマースを行うと、行う前にはわからなかったことやたくさんの発見を得ることができます。ひとつ実績を積んだことに、まずは自信を持ちましょう。そして恐れずに振り返ることで、さらに売上を増やして楽しくライブコマースを行っていくためのヒントが見つかります。見つけたことや気付いたことは前向きにとらえ、次へと生かす姿勢が大切です。そうして試行錯誤を繰り返すことでさらなるデータが得られ、ライブコマースも良いものとなっていくでしょう。

SNSでフォローする