ライブコマースの代行を依頼できる?注意点や将来性を踏まえて検討しよう

事業を行っている方の中には、ライブコマースに興味のある方もいるでしょう。しかし、「ライブ配信のできる人がいない」、「自分で配信ができるか自信がない」と悩んでいませんか?そんな時に頼りになるのが、ライブコマースの代行サービスです。

この記事では、ライブコマースの代行について解説します。利用する際の注意点もあるため、しっかりと把握して代行依頼を検討しましょう。

ゆくゆくは代行より人材育成を

ライブコマースに割く時間がない、人材がいないなど、事業の状況によっては始めるのは難しいこともあります。そんな場合に、ライブコマースを外部に依頼し、代行してもらうことはできます。

しかし、継続して長期間の代行を依頼すれば金銭的負担は大きくなります。ライバーとの事前の情報共有や入念な打ち合わせも必要です。編集が不可能でリアルタイムで伝わるライブ配信では、誤った情報や誤解を招く表現は避けなければなりません。ライバーは外部の人材であり事業に直接関わっていないため、事業内容や細かい事情などを説明して共有しておく必要があります。

長期的な視点で、ゆくゆくはライバーとなる人材を育てることで、費用を削減することができます。また、自社にライバーを持つことで外部とやり取りする必要がなくなり、事業内容や内部事情も把握しているため、打ち合わせがスムーズになります。将来的に長くライブコマースを続けていきたいのであれば、会社の資産となる人材育成の一つとして、ライバーを育成することをおすすめします。

ライバー紹介・育成に対応してくれるサービス

ここではライバーの代行や育成を依頼できるサービスを紹介していきます。多くの場合は、一連のサービスに含まれる中の一つとして、代行や紹介が含まれます。詳しく見ていきましょう。

HandsUP

「HandsUP」は、ライブ配信アプリ「17LIVE」の運営会社による、ライブコマースをサポートしてくれるサービスです。「伴走型コンサルティング」と銘打って、ライブコマースのビジョン策定や導入から本格運用まで、段階に合わせたサポートを受けることができます。最終的には企業自身での自走を目指しており、本格的な運用に向けて充実したサポートを受けることができます。

独自開発のライブコマース用ツールは機能性や操作性に優れており、初めてのライブコマースでも安心して利用することができます。ライバーのキャスティングについてもサポートを受けられますが、最終的にはライバーとなる人材を確保し、自走に向けて育成することが必要です。

Sharing Live

「SharingLive」では、企画からキャスティング、制作、分析まで、ライブコマースに関することなら一貫してトータルプロデュースしてもらうことができ、ライブコマースの代行も可能です。プロのノウハウを持ったライバーが揃っており、配信内容に合ったライバーをキャスティングしてもらうことができます。ライブコマースをしたいにもかかわらず人材不足で悩んでいる場合には、検討してみるといいでしょう。

ライバー育成も事業の一つとして行っています。プロの講師による指導で、短期間で技術を身に着けることができます。また、主に中国への越境ライブコマースにも対応しているため、販路を広げたい場合には心強い味方となるでしょう。

Video Matching

「Video Matching」は、インターネットでの配信を利用したさまざまな事業を行っています。ライブコマースのサポートにも対応しており、ライブコマースの代行も可能です。予算や人材などにあわせた柔軟なサポートが受けられ、初めての方も安心して依頼することができます。「こんなことはできる?」と思ったら、気軽に相談してみましょう。

他にも、オンラインイベントやライブ配信、オンラインのセミナー「ウェビナー」に関する事業も行っています。これらを利用して、自社の事業を様々に展開していくこともできるでしょう。

まとめ

人材が不足や未経験による不安からライブコマースができないと悩んでいる場合、コンサルティングサービスの一環として代行を依頼することで解決できます。並行して、自社でライバーとなる人材を確保し育成することも、ライブコマースを長く続けていくうえで重要なポイントとなります。初めは代行を利用する場合でも、将来のことを考えてライバーとなる人材を育てることを検討しましょう。

SNSでフォローする